PR

クリエイターがホームぺージを持つことについて

このサイトには広告の掲載が含まれています。
スポンサーリンク

コミッションサービスなどを使うときに購入者が必ず見るものは「クリエイターさんがどんなものを作っている人なのか」です。その際にポートフォリオを見ることが多いのですが、ときどききちんとまとまっていなくて探すのに難儀する人がいます。

今回はそんなクリエイターのホームぺージについて。情勢的に作らないとマズいよ!みたいな状態になっている気がするので、「活動者になりたい!」でも取り上げることにしました。

そもそも作ったほうがいいの?

現時点だと購入者視点だと頼むからSNS以外の連絡先を作ってくれ状態。

これはX(旧Twitter)の改悪が原因です。ここ数年で以下のような変化が起きました。

  • 登録していなければ見られないときがある(見れないことの方が多いです)
  • 定期的にポストやリポスト(ツイートやリツイート)をしないとタイムラインが間引かれるようになった
  • 外部解放されていても相互フォローでなければDMが送れないことがあるし、相互ではない人に送ろうとしたらアカウントがロックされることがある

これまではDMで依頼を受けていた方もいらっしゃると思いますが、今はやめておいた方がいいです。

依頼を頼んでくれる人は初対面だったりすることもそこそこあるはずです。初対面の人に連絡を取る方法としては使いづらいものになってしまいました。(有償依頼に関しては、関係性が悪くなることを防止するために最初から共同で制作している作品ではない場合はわざと知らない人に頼むことの方が多いです。)

猫戸すず
猫戸すず

最後の三番目、これあまり知らない人が多いんですけど、送ったはずが届かない!みたいなの最近本当に多いんです。

アカウント停止については本当に停止されたことがあります。ボットじゃないことを検証するために画像認証してくださいって出てアカウントを戻すだけで1時間くらいかかりましたし、戻したところでDMは送っていないことになっていました。

かといってリプライを送ろうにもフォロー・フォロワー以外からの通知はOFFにしている方が多く(フォロワー数が多い人であればなおさら)、「依頼したいのでフォロバしてください」と言っても(同業者以外はフォローしないことにしている人の場合)対応してくれないこともあります。それが原因で他の人に依頼をするといったケースも実際に起きています。

また、タイムラインをポートフォリオの代わりにしてた人も結構いらっしゃいますが、これもやめた方がいいです。昔は使えたんですが、今は外から見られなかったり順番通りじゃなかったりとデメリットの方が大きいので……。実際、メディア検索だと他の画像(ゲームのスクショとか)にまぎれて作品が全然見つからなかったりとか本当に多いです。

クリエイターのサイトとしてよく見かけるものたち

クリエイターさんのページを見ていてよく見かけるのはこのあたりです。

ポートフォリオサービスを使う

リンクまとめ・ホームぺージ作成サービスを使う

レンタルサーバーを契約する

それぞれ説明していきます。

ポートフォリオサービス

クリエイターさんで一番よく見かけるのがコレです。具体的なサービス名はこんなところ。

  • foriio
  • Xfolio

利点はポートフォリオに特化しており画像アップロードだけでほぼ完成すること、欠点はカスタマイズ性が低いこと。

猫戸すず
猫戸すず

二次創作の作品をアップロードする場合は何かしらのサービスを使っておいた方がいいです。

JASRACが有名ですが、各プラットフォームと契約して「このプラットフォームなら○○していいよ!」みたいなことになっているケースがたびたびあるためです。

イラストレーターさんの場合はpixivをそのままポートフォリオにしていることも多いです。

これもJASRACの件と同じです。個人サイトなど契約していないところに二次創作を上げると「二次創作でマネタイズしてやがるな!」と目をつけられることがあるので、個人サイトではなくpixivなどイラスト投稿サービスに投稿します。個人サイト持ちの企業案件を受けてるイラストレーターさんで依頼絵を実績公開するときにそうしている方もいらっしゃいます。

ポートフォリオサービスについて、詳しくはこちらをどうぞ。

リンクまとめ・ホームページ作成サービス

ポートフォリオは別に作成し、リンクまとめサービスやホームぺージ作成サービスを使ってリンクをまとめたものを用意しておくスタイルです。具体的なサービス名はこんなところ。

  • litlink
  • Wix
  • Ameba ownd

最近の活動者さんだとlitlinkが人気かな?URLをずらっと並べるだけのシンプルイズベストな感じのサービスですが、URLだけ並べて依頼の詳細を書ければ十分なタイプの方(イラストレーターさん、一部のデザイナーさんなど)はこれくらいで足りるケースが多いです。

サービスの最大の利点は無料で使えること、欠点はサービス終了と同時にデータが全部消し飛ぶことです。

特にインターネット黎明期からよく使われいてたYahoo!ジオシティーズがサービス終了したときは1990年代あたりからあるサイトなどが一斉に閉鎖となり、大きなニュースになったりもしました。

とりあえず何か持ちたい、お試しで!みたいな感じで使うなら一番使い勝手がいいと思います。

サイト作成サービスをかわりに使っている方もいらっしゃいますが、ページ数に制限がかかっていることが多く、制限内で作るなら「もうlitlinkでよくね?」状態になることもしばしば。

猫戸すず
猫戸すず

有料プランに申し込む場合は値段・性能的な意味でレンタルサーバーにした方がいいケースの方が多いです。

あくまでも無料で使う選択肢のひとつとして、考えてください。

サイト作成サービスのうちWixは重くなることが多く、イラストを上げるとスマホじゃ読み込みができないほどサイトが重い!とかサイトの容量上限に引っかかった!といったことが起きることがあります。

そのため、サイトサービスを使っている方であってもサイトの内容は「イラスト少し+依頼の詳細について書いたものが並べられている」ケースが一番多いです。

イラストを上げるとGoogle検索でイラストがヒットするようになりますが、メリットはそれくらいです。たいていはpixivで事足ります。

レンタルサーバー

もうすぐ20年くらい前になりますが、SNSが登場するまでの間最も主流だった方法です。

利点は検索的に有利&信用が確保できること、欠点はたいていは月額課金制で維持にお金がかかること。

特にフリーランスの方がよく作っている印象で、ココナラに登録しているデザイナーさんはほぼ持っています。(ココナラは外部URL記入禁止なので表向きには記載していませんが、名前で検索してみるとかなりの確率で出てきます。)

猫戸すず
猫戸すず

最初からレンタルサーバーに申し込んでも持て余すことが多いです。

無料サービスでは物足りなくなってきたら検討する、くらいの方がうまくいきます。

特に個人サイト時代からクリエイターやってます!みたいな人だと結構持っています。ただ、2015年くらい(当時Twitterと呼ばれていたXが主流になりはじめたころ)から更新が止まっているケースが非常に多かったり……。

知名度のない方にとってはコスパが悪く、サイト維持費を軽く払えるタイプの人は作らなくても依頼が来る、というジレンマ。結果的に昔から持ってる人がそのまま維持してる、みたいなのだけが残っている状態です。

最近はクリエイターさん向けサービスがかなり増えているので、今からポートフォリオ目的でホームぺージを作るのはあまりおすすめできません。個人向けならコミッションサービスのプロフィールを作り込む方を優先したほうがいいと思います。

おすすめの方法

おすすめの方法、というかよく見るのはこんな感じです。イラストレーターさんだと

  • TwitterだったX
  • 過去絵をまとめた投稿サービスのアカウント(たいていはpixivでたまにポートフォリオサービスの人がいる)
  • ココナラなどコミッションサービスのアカウント
  • ↑を全部まとめたlitlinkを作成、TwitterだったXなどにリンクを張る
  • Gmailのアドレスをlitlinkに記載

こんな感じの方が一番多いです。企業さんなどメール対応が必要な方(コミッションをあまり使わないタイプの取引相手)はlitlinkのアドレスで対応し、それ以外はコミッションに誘導する形です。

おわりに

今見ているこの猫戸すずのサイトは「レンタルサーバー」に当たります。

クリエイターさんの場合、いきなりサーバーを契約すると持て余すと思うので、最初は無料のサービスを使って物足りなくなってきたら移住する、くらいでもいいと思います。

コミッション向け相談サービス開始しました!
「活動者になりたい!」ではこれから誰かに依頼をする人・依頼を受けたい人向けの相談サービスを開始しました。 通常価格2000円のところ最初の1件のみ500円のセール中です。お気軽にどうぞ。
ホームぺージ
スポンサーリンク
猫戸すずをフォローする
活動者になりたい!
タイトルとURLをコピーしました