PR

コミッションサービスではAIイラストに要注意!って話

このサイトには広告の掲載が含まれています。
スポンサーリンク

コミッション界隈でいま話題の「AIイラスト」。

ちゃんと手で絵を描いている人が通報してアカウントBANになるケースが大多数ですが、うっかり引っかかってしまう人、本当に多いんです。

コミッションを使うなら知っておきたい「AIイラスト」について簡単に説明させていただきます。

そもそもAIイラストって何なんだって話

今話題の「生成系AI」で出力したイラストのことです。

実際に「AI イラスト」とかで検索してもらえるとわかりますが、生成系AIを使ってアナタでも、(ものによっては)無料でイラストを描くことができます。

猫戸すず
猫戸すず

スマホで人気のお絵描きアプリ「アイビスペイント」で生成系AIの機能を追加したら大ブーイングで即削除された話が記憶に新しいと思います。

サービスによっては禁止されていることも多々あります。(最近の事例だと、PCのゲーム販売ストア大手のSteamでは「AIを使った部分を明記すること」が必須になりました。)

【重要】コミッションでは出品禁止です

コミッションサービスでは、利用規約で「AIイラストの提供」は禁止されています。

「AIイラストの商品を買う」ことは「利用規約違反を手助けする」行為に当たります。そして何より、見る人が見れば「AIだ」とわかるので、(自分で出力したものではない場合)あなたのブランディングにも影響します。

AIの種類によっては「このAIを使いました」という「電子透かし」が必ず入っていて、それで即バレるなんてケースも。(イラストレーターで言うなら、サンプルであげるイラストにつける「SAMPLE」透かしみたいなものです。)

そんなわけでAIイラストはバレやすいので、「あ、この人AI使ってるんだ~」って目で見られます。これは本当です。

猫戸すず
猫戸すず

野良でTRPGセッションに参加している知人に聞きましたが、最近ココフォリアではAIイラスト立ち絵を使い回している人が本当に多いらしいです。

こんなときに要注意!

AIイラスト対策としてできるのは以下です。

AIイラストの画風を知っておく(特にキャラ販売)

デッサン狂いには気を付ける(AIはデッサン狂いになっていることがあるため)

ラフ画提出を要求する、できれば線画も(タイムラプス動画を要求できれば完璧)

とにかく「制作工程を確認する」「作業工程を動画で確認する」が一番確実です。

お絵描き系配信者の場合はタイムラプス動画を残していることが多く、機能として実装されているものもあります。

猫戸すず
猫戸すず

3DS世代の人は知っていると思います。「いつの間に交換日記」。

あのタッチペンで描いた筆跡が全部確認できるやつ、あれがタイムラプスです。

AIイラストの人の場合「ラフ画は提出できません」などとにかく「完成品一発」を売りにしています。(AIは完成品出力しかできないため)

そういった人からは買わないなど購入者側で対策が必要になります。(AIイラストに気づいた絵描きが通報しまくってすぐにBANされるけど。)

まとめ

AIイラストかどうかを見極めるには「制作工程確認」がベストです。

コミッションでウッカリAIにお金払っちゃった!とならないようにクライアントも気を付けましょう。

コミッション向け相談サービス開始しました!
「活動者になりたい!」ではこれから誰かに依頼をする人・依頼を受けたい人向けの相談サービスを開始しました。 通常価格2000円のところ最初の1件のみ500円のセール中です。お気軽にどうぞ。
クライアント向け
スポンサーリンク
猫戸すずをフォローする
活動者になりたい!
タイトルとURLをコピーしました