PR

納期を守れない人へ、「納期の考え方」を間違っていない?

このサイトには広告の掲載が含まれています。
スポンサーリンク

イラストレーター納期守れない問題。猫戸も何回も被害にあっています。

ネットコラムで「締め切りを守れない人について」の記事が公開されていたので、紹介させていただきます。

「締切の考え方」

そのコラムはプログラマ向けに書かれたものですが、締切の考え方についてが紹介されていました。引用します。

締め切りという言葉への典型的な誤った考え方は、次のようなものでしょう。

・見積もりはあくまで見積もりでしかなく、予定どおりに仕事が進むとは限らない

・締め切り目前に、徹夜でも何でもして頑張ることが大切

・それでもどうしても締め切りに間に合わなかった場合は、その段階でスケジュールを変更してもらうしかない

「締め切りが守れない人」に共通する甘い考え
「締め切りが守れない人」に共通する甘い考え
今まで、たくさんの日米のエンジニアと仕事をしてきました。その中には私よりも明らかに賢いエンジニアもいましたし、ものすごい生産性でプログラムを作ってくれる馬力のあるエンジニアもいました。しかしそんな中…

……はい。コミッションで依頼をしていると嫌でも身に覚えがあります。

これまでにあった実例紹介します

イラストレーター特定防止のためフェイクを入れさせていただきますが、これまでにあった実例を紹介します。

SNSの投稿から「2週間猶予をもらっていたのに3日で仕上げている」ことがクライアントにバレる。「2週間かけて作業しました!」みたいな顔をして提出しているが、一夜漬けでやった仕事であるためにクオリティが低い。

締め切りが延びそうなのが確定した段階でクライアントから「納期延長」を提案されたにもかかわらず、その時点では「納期はそのままでOK」と言ってしまう。結局最終納期を落としキャンセルに。

はいこれ、どちらも「納期の考え方を間違えている」から起きているんです。

「納期」は「修正込みで必ず終わらせなければならない日付」です。最終提出=納期だと遅いんです!

この記事はプログラマ向けなので記載がありませんが、「一夜漬け」はイラストレーターの場合「バレる」と思ってください。プログラマとか文章だとあんまバレなかったりしますけど。

一夜漬けの是非

イラストレーターで一夜漬けはマジでやめた方がいいです。あとでクライアントから報復されます。(イラストを使用してくれない、たとえ使用してくれたとしても「依頼絵です」だけでイラストレーターとして紹介してもらえない、など。)

一夜漬けでやった仕事って、ほんとわかるんです。バレないだろ!みたいな顔をして出していますが、どこかに構造的におかしい部分があることが多いです。

明らかにデッサンが狂っているのに直す暇がないからそのまま出していたり、あとから納品イラストに塗り残しが見つかったり。当然クライアントからNGを出されてキャンセル沙汰になった例を何度もSNS投稿で見ています。

猫戸すず
猫戸すず

某巨大掲示板の「デ狂いスレ」でデッサン狂いの実例をいくつか見ていますが、まさにあんな感じでした。そのイラストレーターは某巨大掲示板で晒しにあっています。

個人的にオススメの方法

猫戸すずが実際に納期を設定するときにやっている方法です。イラストレーターさんが「20日~」としている全身立ち絵1枚を作業するものとした場合、こう納期を設定しています。

猫戸すず
猫戸すず

実はネットの先人の購入専門さんのをまねしたものなのですが、マジで減りました。

投稿してくれた方ありがとう!

とにかく余裕を持って、納期を細かく区切ろう作戦(仮)です。

  • ラフ、線画、彩色それぞれに対して7日ずつ作業時間をとった上で「初回提出日」を設定
  • そこから1週間後をそれぞれの「納期」として設定
  • 「彩色」の納期のさらに1週間後を「最終納期」とする

ざっくりまとめると、こうしてます。6月1日を着手日とした場合、

  • ラフ初回提出日6月8日
  • ラフ最終締切6月15日
  • 線画初回提出6月22日
  • 線画最終締切6月29日
  • 彩色初回提出7月6日
  • 彩色最終締切7月13日
  • 最終納期7月20日

納期を49日(ほぼ50日)とり、6月頭に着手したとして7月20日を納期にしています。これは全身立ち絵1枚の場合を想定しています。

全工程に対して中間締切を作成し、それぞれに対して1週間ずつ余裕を持たせています。さらに最終納期まで1週間余裕を持たせます。見ればわかりますが49日のうち28日(半分以上!)は遅れても問題ない用・ラフ画全部やり直しリテイクとかが発生しても問題なく作業できる用のマージンです。

「初回提出日までに出せない場合は」催促をすることで、こうしておけば最終納期に遅れることはめったにないです。「本来は21日で作業できる内容だけど、余裕を見て49日納期取っとくね」という話なので。ここで納期を6月22日とかにしてしまうと、たいてい納期から遅れた!と騒ぎになります。

もう書かなくてもわかると思いますが、当然7月ギリギリにやっていいって話じゃないですからねコレ。6月8日にラフ画が出ていなくて催促しても全然出してこなくて、6月15日になら出せます!とか言って来たら報復していいですし、「約束守れない人」としてキャンセルにしちゃってもいいくらいです。

まとめ

夏休みの宿題を8月31日にまとめてやるタイプの人は要注意!

納期は「修正込みでその日付まで」です。ここ間違えると納期オーバーになる可能性が一気に上がります。

正しい納期の考え方については元記事にあるので一度実践してみてください。

一夜漬けでやっているなら、言われてすぐ一日でやるのも不可能ではないはずです。

コミッション向け相談サービス開始しました!
「活動者になりたい!」ではこれから誰かに依頼をする人・依頼を受けたい人向けの相談サービスを開始しました。 通常価格2000円のところ最初の1件のみ500円のセール中です。お気軽にどうぞ。
クリエイター向け
スポンサーリンク
猫戸すずをフォローする
活動者になりたい!
タイトルとURLをコピーしました